SIGN THE DECLARATION日本の

ワシントンDC宣言

一緒に風潮を変えよう

エイズ禍を終えるための宣言

エイズ禍の歴史において重要な時です。

30年間に亘る執拗な地域視円運動、研究、サービス規定により、世界で数年前には考えられなかったシナリオが幕を開けようとしています:今世代中のエイズ禍の撲滅が始まる可能性が見えて来ました。失った命は数え切れないほどですが、ここで得るものは計り知れません。しかし、今、新しい先進科学、および、社会、政治、人権の進歩により、正確に測定すればエイズの風潮を変えるであろう証明済みの戦略パッケージを作成し、届けられることが分かりました。

まだ、治療剤と予防接種が必要ですが、新たな感染を著しく防ぎ、何千万人にものぼるHIV/AIDSの感染者達の健康を改善するために今日得られるツールを用いて、資源を収集し、努力を重ねなければなりません。数百万人の命が救われます。

HIV/AIDS禍に対する風潮を変えるには、政府、医療制度、学界、非政府団体のあらゆるレベルにおける集中したリーダーシップが必要です。この伝染病の影響を受けた全ての人々の人権及び威厳い配慮し、守る複合的なアプローチに尽力する必要があります。エイズ禍撲滅の開始の目標は難しいですが、達成可能な目標です。達成寸前のところまで来ています。

宣言に署名

一緒にこの風潮を変えるために必要なこと:

  1. 的を絞った新投資 今、迅速で戦略的な投資増加によって、人の命を救い、感染を防ぎ、この伝染病に対する国際的な治療費を削減することが出来ます。大きな進歩には、世界中の国々の政府を含む国際的及び地域毎の 資金供給者から同一基準の資金誓約が必要です。
  2. 証拠に基づいたHIV防止、治療、介護を確保する 最大のリスクとニーズを負っている人々の人権を保護します。これには、同姓と性行為を持った男性、性転換者、麻薬使用者、弱い女性、若者、HIVに感染した妊婦及びその他の感染者達が含まれます。目標を達成するためには、誰も除外することは出来ません。
  3. 汚名、差別、法的制裁の終わり またHIV感染者及びそのリスクを伴う人々に対する人権侵害。汚名と差別は、我々の努力の全てを妨害し、重要なサービスの提供を防止します。
  4. HIVテスト、カウンセリング、予防、介護、援助サービスへのリンク。 誰もが自分のHIV状況を知り、必要な治療、介護、サポートを得る権利を有しています。
  1. HIV感染者の全ての妊婦と授乳中の女性達に治療を提供し、出産期の乳児への感染を防ぐ:女性達が生き続け、健康を維持し、小児HIV感染を終えることを支援します。
  2. 必要な全ての人々に抗レトロウィルス治療へのアクセスを拡張する。 全員がアクセス出来るようになるまで、エイズを撲滅することは出来ません。
  3. TBを識別、診断、治療する。 統合HIV及びTBサービスを通して、TB予防プログラムを導入します。今後、TBで亡くなるHIV感染者はいなくなります。
  4. 研究を推進する。 感染前予防(PrEP)や殺菌剤等の新しい方法を含む新しいHIV予防及び治療ツール、及び、コンドームから治療まで、予防効果が分かっている治療の最適な提供方法の研究を推進します。予防接種と治療の研究を広げます。伝染病を撲滅するには研究が重要です。
  5. 感染者のコミュニティの動員と意義ある関与は、集団応答の中心であるべきです。直接影響を受けた人々のリーダーシップは、効果的なHIV/AIDS応対に大変重要です。

 

今後の挑戦は大変ですが、失敗によるコストの方が大きいです。国際社会の全ての関心の強い人々に、団結と共同行動の精神で呼びかけ、HIV感染者コミュニティの完全従事によって、国際エイズファイトを広げる新たな緊急度を求めます。分かっていることに対して、行動を起こさなければなりません。一緒にエイズの撲滅を開始しなければなりません。

宣言をダウンロード